カードローン厳選サーチ



消費者金融で借りられる金額の目安

消費者金融でお金を借りたい人は、いくら借りられるか気になるのではないでしょうか。最終的にいくら借りられるかは審査で決まりますが、ある程度の目安なら知ることができます。消費者金融は、貸金業法という法律に従ってお金を貸しています。貸金業法では、お金を借りたい人の年収の3分の1を超えてお金を貸すことを禁止しています。これは、お金を借り過ぎて返せなくなり多重債務に陥る人を減らす目的で決められているルールで、総量規制と呼ばれます。年収が300万円の人なら、どんなに多くても100万円までしか借りられません。1つの消費者金融に申し込む前にすでに別の消費者金融で借りている人は、その金額も足して年収の3分の1までとなります。

とはいえこれは法律上最大で借りられる金額で、実際にそこまで借りられることはまずありません。消費者金融は、申し込んできた人の年収・勤務先・職業・年齢など、様々な項目を元に審査を行ってお金を貸してもいいか、貸すとしたらいくらまで貸せるかを判断します。例えば正社員とアルバイトでは、正社員の方が仕事を辞めにくく安定していると判断してもらえるので、有利です。お金を返す気があるかどうかは実際に貸してみないとわからないので、貸してから判断する部分もあります。そのため、実際に借りられるのは年収の3分の1よりも少ない金額だと思っておきましょう。

消費者金融で借りたお金をきちんと返すことを繰り返していたら、増額ができる場合があります。増額とは、申し込んだときの利用限度額よりも限度額を上げてもらうことです。申し込みの時より多くのお金を借りたい場合は、きちんと返済することを心がけましょう。