街金 おすすめ窓ロ


アイフル


プロミス


SMBCモビット


消費者金融の在籍確認は不安に思わなくて大丈夫

消費者金融でお金を借りる場合、在籍確認があります。在籍確認とは、消費者金融が申込者の勤め先に電話で連絡を入れることで、目的は申込者が本当に働いているか確認するためです。消費者金融としては貸したお金が返ってこないと困るので、収入を得ている確認を取ります。また、消費者金融が守っている法律では、利用する人の返済能力を確かめてからお金を貸す決まりになっているので、法律上必要な手順でもあります。

勤め先に連絡があると聞くと、それがきっかけで職場にお金を借りていることが知られるのではないかと不安に思う人もいますが、心配はいりません。消費者金融は利用者がお金を借りていることを他の人に知られないようにする義務があるので、プライバシーに配慮して連絡を入れてくれます。消費者金融の名前は名乗らず、在籍確認の担当者の個人名で電話がかかってきます。電話の内容も簡単な確認だけなので、会話の内容から借り入れが知られることもありません。会議や外回りなどで電話に出られない場合には、電話を取った人がその事実を伝えてくれれば在籍確認が終わったことになります。その会社にいるとわかればいいので、本人が出なくても問題はありません。

在籍確認で困るのは、会社がプライバシーなどを理由に内部の人の情報を伝えないように決めている場合などです。在籍確認は収入の裏付けを取るものなので、在籍確認がっできないと審査に通らない可能性が高いと言えます。その場合、消費者金融に電話をして、別の方法で在籍確認をしてもらえないか相談してみましょう。消費者金融によっては、書類の提出などで電話による在籍確認の代わりにしてくれるところもあります。