消費者金融 比較 案内所


アイフル


プロミス


SMBCモビット


消費者金融を利用する一連の流れ

お金に困っているが消費者金融って怖い人が取り立てに来るのではないか、そう考えている方もいるかと思います。
しかし現在の消費者金融ではそんなことはなく、決められた通りに返済していれば最初の契約以外は無人ATMとのやり取りのみで完結します。今回は、そんな消費者金融でお金を借りるまでをご紹介します。

1.場所と持ち物

今回ご紹介するのは各所に点在する無人契約機での流れになります。
時間帯は朝から夕方まで、タイミングは他の方が契約中でなければいつでも構いません。必要になる持ち物は身分証明書、収入を証明するものの2点になります。収入証明は源泉徴収票か近3ヶ月の給与明細で大丈夫です。後は無人契約機で記入用紙が出てくるので、必要に応じて記入してオペレーターの指示に従ってください。

2.借りられる金額、返す金額

借りられる金額は年収の約1/3と決められています。年収400万円なら約120万円ですね。しかし借主の他のカード事情によっては下がる場合があるので、不安な方は記入の際にオペレーターに相談しましょう。
返す金額は毎月借りた金額の一部に利息を加える形で行います。返済方法は無人ATMからコンビニATM、webで行える場合もあるので、人目を気にせず返済が可能です。また、最近は借りてから一定期間の利息が付かない会社もあるので、返済目途が近日中に立っている場合は実質無利息で借りることもできます。

3.勤め先への在籍確認

消費者金融を利用をためらう一番の理由が恐らくこちらですね。周囲に借りていることがバレるリスクを負いたくないというものです。しかし、実際のところは全くそんなことはありません。確かに会社へ電話確認は行われますが、名乗る際は名字のみを名乗り【○○さんはいらっしゃいますか?】という形で確認を行います。それで確認が取れれば終了です。後日に電話を受け取った人から確認をされるかもしれませんが、普通の人はそれだけで消費者金融の確認の電話か?とはならないので大丈夫です。適当に返事をしておきましょう。

4.カードの受け取り、終了

ここまで進めば必要書類とカードを受け取り終了です。カードは後日に送付ではなくその場で契約機から出てくるので、帰りにATMからお金を引き出して帰宅することもできます。スムーズに運べば1時間もかからず全ての契約を終えるでしょう。

いかがだったでしょうか。消費者金融は利用の仕方を間違えたり、遅れることを放置しなければ怖いことは全くありません。
自分の収支を考えて、計画的に利用しましょう。