【出口戦略 3話】出口では株式を債券に切り替えるべき?

【出口戦略 3話】出口では株式を債券に切り替えるべき?

【出口戦略 3話】出口では株式を債券に切り替えるべき?

今回は出口戦略の第三話です。
年齢が高くなるごとに債券比率を高めるべき、
というお話があるように、
出口に近くなってきたら債券比率を高めるべきでは、
という話があります。

やはり債権は買うべきなのか?

日本に住んでいると、国内の債券は
どうも良い印象がありません。
国債も利率が低いし、社債の投資信託も
パッとしません。
※すいません、国債や日本の社債は
 動画内でこの話はすっ飛ばしてしまいました。

そこで外国債券になるのですが、
じゃあ外国債券は為替の影響があります。

さて、どうするべきでしょうか。

※なお、勉強しながら作ったため
 間違っているところがありましたらご指摘ください。

<前回の動画>
■第一話 どう売るか?

■第二話 4%ルールとは?注意点は?

<参考書籍>
■ほったらかし投資術

■ジェレミーシーゲル教授 株式投資

■敗者のゲーム

※Amazonアソシエイトリンクを使用しています。

<参考Webサイト>
■Early Retirement Now:The Ultimate Guide to Safe Withdrawal Rates

#出口戦略
#債券

等価交換カテゴリの最新記事